2016/1/30

「国語を得意にするにはどうしたらよいですか?」

Q.中学1年生の母親です。子供が国語が苦手で困っています。どのようにしたら国語力を上げられますか?

自宅でできる勉強法、市販教材などのアドバイスをお願いします。

A.

ドリルのようにできる教材としては下記のものがあります。

・ふくしま式「本当の国語力」が身につく問題集〔小学生版〕:1、2と二冊ありますが、二冊をやりこめば読解をする上での基礎力が身に付きます。

・ふくしま式「本当の語彙力」が身につく問題集〔小学生版〕:語彙力が身に付きます。

現代文は「精読」がかぎになるため、先生がいないと学習が難しい科目ではありますが、こちらでしたら毎日少しずつ進めていけます。
〔小学生版〕とありますが、現代文は小学生~大学受験まで連続しているので、高校受験、大学受験にもつながる国語力がついていくはずです。

その他の勉強法としましては、
①教科書の文(1回につき、1ページ程度がちょうどよい)を間違えずに音読する練習をし、お母様やお父様の前で定期的にテストしてみる。・・・間違えた数と、読み終わるまでの時間を測るとゲーム性が生まれます。

②新聞のコラム(朝日新聞なら「天声人語」、読売新聞なら「編集手帳」)を100字で要約する練習をする。・・・お母様かお父様が見て指摘するか添削することが必要です。

以上です。

手前味噌ですが、私(並木)の場合は、中学生のときに小説の「三国志」にハマったことが読書を好きになるきっかけになりました。
少し難しい語彙も含まれるような古典名作や歴史小説などを読む習慣ができれば、どんどん国語が好きになっていくのではないかと思います。(最初は読みやすいライトノベルでもよいかもしれません)

もしインプットは苦手でも表現することが好きであれば、日記、感想文などを書くことを習慣にするというのも一つの手段です。

言葉と親しむ練習をしていけば自然と国語を好きになって行くので、言葉遊びをしたり日ごろの会話にことわざを入れてみるなど、日常生活もいろいろ試してみると面白いかもしれません。

究進塾塾長:並木陽児

「最高の教育をどこにでも」という理念でオンライン個別指導サービスを届ける究進塾の代表。
日頃、受験生と向き合っている経験から、勉強法など受験生に役立つ情報を提供して行きます。
指導科目は化学。東京大学工学部卒。 趣味は合気道。横浜ベイスターズのファン

© 2009–2017 究進塾 All Rights Reserved.